神社の入り口には

堅く閉ざされる門はなく

いつでも誰でもがお参りできるように

常に開かれた鳥居が立っています。

神主は神様と祈願者の中執り持ち(なかとりもち=仲介者)、

いかなる祈願でも心を込めて神事を執り行い

祈願者の願いを神様にお伝えするのが務めです。


ご 祭 神 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
速玉男命(はやたまのおのみこと)
事解男命(ことさかのおのみこと)
     摂社(せっしゃ)には
       ・ 交通安全道開きの神 : 猿田彦大神
       ・ 学問の神 : 朝気天満天神
     をお祀りしています。

ご 神 徳

* 家内安全(かないあんぜん) 〜夫婦円満、良縁成就
* 無事健康(ぶじけんこう)
* 開運招福(かいうんしょうふく)
* 悪縁消除(あくえんしょうじょ) 〜悪運、悪縁を断ち切る
* 交通安全御啓行(こうつうあんぜんみちひらき)
* 学問成就(がくもんじょうじゅ)



御由緒
朝気熊野神社は甲斐国、つまり現在の山梨県が開拓された時、この地域に設けられた村落の守護神として創祀(そうし)されました。

当時はまだ「朝気」という地名はなく、その後日本武尊(やまとたけるのみこと)が山梨県甲府市の酒折宮にお泊りになった翌朝、神社の辺りに煙が立ち上がるのをご覧になって立ち寄られ、村人が歓び迎えて朝餉(あさげ=朝食)を献上したということからこの地域は『朝気(あさけ)』と名付けられました。

以来、朝気地域の守護神として朝気熊野神社と名乗り、社地周辺の古代遺跡が物語る如く、人々が定住し栄えて来ました。
現在では、氏子はもとより、県内外各地からも広く崇敬を集めています。
神話について
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)はこの日本の国と大勢の神々をお産みになったご夫婦の神様です。

しかしながら妻である「伊邪那美命」は早く亡くなられてしまいます。
夫「伊邪那岐命」は、恋しい妻「伊邪那美命」を現世へ連れ戻そうとあの世である黄泉の国(よみのくに)へ迎えに行かれます。

黄泉の国で再会した妻「伊邪那美命」は夫「伊邪那岐命」の願いに応えるべく現世に帰る準備をしますが、その間絶対に姿を見てはならぬと約束したにもかかわらず夫「伊邪那岐命」は待ちきれずに妻「伊邪那美命」の姿を覗き見てしまいました。

そこにはかつての美しい妻はいませんでした。
黄泉の国の食べ物を口にしたことによって、穢れて醜くなった妻に怖れおののいた夫「伊邪那岐命」は慌ててその場から逃げ出しました。

穢れた姿を見られた妻は怒り狂いながら、逃げる夫「伊邪那岐命」を追いかけます。
妻と、ともに追ってくる邪鬼どもを振り切って、2人は現世と黄泉の国との境で永遠の別れをします。この後で夫「伊邪那岐命」の吐いた唾から生まれたのが「速玉男命(はやたまのおのみこと)」、掃き払ったところからお生まれになったのが「事解男命(ことさかのおのみこと)」の2柱の神様なのです。



生前の伊邪那美命(いざなみのみこと)と伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から家庭円満・良縁成就・益々繁栄のご神徳をいただいています。

また、伊邪那美命(いざなみのみこと)の死後、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国から追従してくる邪鬼を振り切り現世に無事戻られたことから悪縁消除・無事健康のご神徳をいただいています。

「伊邪那岐命」の吐いた唾から生まれた「速玉男命(はやたまのおのみこと)」は、「伊邪那岐命」の吐かれた唾が玉のように光って見えたところから「ハヤ=美称=速」「タマ=魂=珠(宝)=玉」とされ、漲る生命力を象徴しています。

掃き払ったところからお生まれになった「事解男命(ことさかのおのみこと)」は、「事」を「離(サカ)=解(サカ)<コトサカ=関係を裂く、離縁の意>」から新たな命を授かったので、悪縁消除を象徴しています。



古札の納め方
一年間、お守りいただいた御神札は、粗末にならないよう神社に納めます。
神社では浄火により焼納しますが、地域によっては小正月(1月15日)などに、どんど焼き等の神事として焼納する場合もあります。
年間行事
一月一日
(午前零時より)
新年歳旦祭
(しんねんさいたんさい)
 お正月。新しい年の始まりを祝い、一年間の無病
 息災と繁栄を祈ります。
二月三日 節分祭
(せつぶんさい)
 追儺(ついな)式。「鬼は外、福は内」の掛け声と共に
 行われる豆まきは、災難を除き幸運を招きます。
二月十一日 紀元祭
(きげんさい)
 日本の国の誕生を祝い、ますます国を愛する心を
 養います。建国記念の日。
二月十七日 祈年祭
(としごいのまつり)
 その年の豊作を祈るお祭りです。
六月三十日 夏越大祓い式
(なごしのおおはらへしき)
 日常生活で知らず知らずにおかした罪・穢を人形
 (ひとがた)に託して祓います。
十月十七日
(現在は十月第一土曜日)
例大祭
(れいたいさい)
 年一回ご祭神と特別に関係の深い日に行われる
 最も大きなお祭りを例祭と言い、今後の繁栄 を
 祈ります。
十一月十五日
(随時受け付けます)
七五三祭  これまでの無事と発育を感謝し、将来の成長を祈願
 する祝い事。千歳飴は健康と長寿を祝う物です。
十一月二十三日 新嘗祭
(にいなめさい)
 その年の収穫に感謝し、豊作を共に喜び合うお祭り
 です。
十二月三十一日
(午後十一時)
年末大祓式
(ねんまつおおはらいしき)
 一年間の罪穢を人形に託して祓い、清々しい晴れの
 心で新年を迎えるためのお祭りです。
つ い た ち 参 り  一・十月を除く毎月一日(午前十時より)氏子崇敬者
 が昇殿し、ひと月の罪穢を大祓詞を奏上して祓い
 清めます。
交 通 安 全 祈 願 祭  春秋の交通安全週間に伴い、境内交通安全祈願碑
 前で車・歩行者・道路の安全を祈ります。

朝 気 熊 野 神 社
住   所  山梨県甲府市朝気1−11−1
連 絡 先  電話 055−232−2305
担当者名  渡 邊 禰 宜(ねぎ)

【特定電子メール法に基づく表示】
※ 広告メール、宣伝メール、迷惑メールの送信はお断りします。
※SEO対策・検索上位表示などの営業や、ウォーターサーバー等業務内容に
関わりのない営業のお電話・FAX送信はご遠慮ください。

 
<< お願い >> 
 お参り、御祈祷などお越しいただく際には、
必ず事前にご連絡をお願いいたします。
社事によりお待ちいただいてしまったり、禰宜不在の場合もございます。
お待ちいただかずにゆっくりと御祈祷やご参拝をしていただくために、
ご協力をお願いいたします。
※ 初宮参り、車清祓、厄祓等のご祈祷・ご祈願、随時受け付けております。
※ 悪因縁でお悩みの方、悪縁切りの神事を行っております。どうぞご相談ください。
  (秘密厳守をお約束します。)
※ お手持ちの天然石アクセサリーやジュエリーのお浄め、ご祈祷も執り行って
  おります。
※ 大切な家族の一員ペットの無事安全健康祈願、随時受け付けております。

ご質問やご相談などがございましたら、お問い合わせください。

この「Mail」アイコンからのメールは
直接 朝気熊野神社の禰宜(ねぎ)様へ送信されます。


【特定電子メール法に基づく表示】
※ 広告メール、宣伝メール、迷惑メールの送信はお断りします。